【アクション告知】
■ 【学習会】 被ばく被害、そして、その先にあるもの (参加費600円)
   講師:山田國廣さん(環境学者・京都精華大名誉教授)
   日時:6月24日(土曜日) (開場13:00) 13:30~16:30
   場所:光塾 ( アクセス => こちらから )
   共催:「脱被ばく実現ネット」、「ふくしまと全国の集い」


■ 霞ヶ関アクション (原則毎月19日に開催
 
  日時:7月○○日(○) 未定
   場所:首相
官邸前

   内容:抗議行動

■ 
新宿アクション (7月から第4の土曜日開催に変更します
   日時: 7月22日 16時~17時
   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場 (雨天決行)
   内容: 街頭宣伝


外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2017年3月2日木曜日

2.26新宿街宣 森友学園の影響? チラシの受け取りがとても良かったアルタ前

20170226  脱被ばく実現ネット 恒例の新宿アルタ前街宣で
今、話題の森友学園の影響で政治への関心が高まっているのか? 
いつもよりチラシの受け取りが大変良く、
用意したデモ宣伝チラシ300枚、通常チラシ350枚がなくなりました。

ボランティアの伊藤さんの報告です。(写真も)

https://www.youtube.com/watch?v=Y72bTVt2Hvk

https://www.youtube.com/watch?v=-GysW1UaMv8

https://www.youtube.com/watch?v=cJbpsAHbq1c

大学生 脱原発の歌↓
https://www.youtube.com/watch?v=UAkw9VYtL4w

https://www.youtube.com/watch?v=A8arXzrXrsc

https://www.youtube.com/watch?v=yzYA5umm52g

https://www.youtube.com/watch?v=izBU9AmtICE









外国の方も多く通るので英字版も展示

“三寒四温”を肌で感じる季節となりました。風に混じる花の匂いに春を感じる方も多いことと思います。“風”“花”・・原発事故さえ無かったら・・・。「3・11」が近づいています。

今回の街宣に飛び入り参加された大学生の方が歌った、制服向上委員会の「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」https://youtu.be/ly_i8f-j0xU
が面白い!原子力ムラを痛烈批判する内容ながら飽くまでポップで聴きやすい。
「脱被ばく」実現のためには“諧謔”やら若者に訴求する“ジャパニーズかわいいカルチャー”やら変化球も必要で、社会的関心を呼ぶための「手段」はまだまだ色々とありそうです。
映像配信して頂いた皆さま、参加者の皆さま、いつも頭が下がる思いです。有難うございました(^^)

参加者からは3月末に迫った災害救助法に基づく避難住宅無償提供打ち切りに対する怒りの声が続きました。
東京都は都営住宅の優先入居枠300戸を設けましたが、収入要件、世帯要件が厳しく、大半の避難者が要件を満たさず応募すらできない状況です。募集要件に該当しても、引っ越し費用、敷金、家賃、駐車場料金等、母子避難者が多くを占める避難家庭には“経済的”な問題が大きなハードルとなっています。
理解し難いことに「雇用促進」「UR賃貸」「市または区営住宅」居住の避難者には応募資格すら無いのです。
◆区域外避難者の皆様 諸問題ご相談ください◆
避難の協同センター
http://hinan-kyodo.org/aboutus/

(参加者のスピーチ)
・福島県民にだけ追加被ばく線量年20mSvを強いるのは法の下の平等に反する。福島での農業が被ばく労働になっている。出荷して“売れなかった”という実績を作らないと賠償が支払われない。基準値以下のものを自己判断で出荷しなかった場合、東電は賠償を行わない。
https://daichiwo.wordpress.com/%E4%BC%81%E7%94%BB%E8%80%85%E3%81%AE
・海洋エネルギー発電、洋上風力電、地熱発電、そっちを考えた方がいいかな~と(大学生の飛び入り参加者さん)
・あのときにがんばっていればと後悔することがないよう、共謀罪制定を目論み自由な発言を封じる安倍政治にNOを!
・安倍が「平和」と言ったら「戦争」。「戻っていい」と言ったら「逃げなきゃ」ならない!
・原発事故当時、政府が放射能汚染を隠したため、福島のお母さんたちは地震で食料が無い中、子どもを連れて買い物の列に並んだ。お母さんたちは今も涙を流して悔やんでいる。

今回の街宣でボランティアが紹介した「子ども脱被ばく裁判」原告からのメッセージです (同じ生身の人間の声を聞いてください!)
子ども脱被ばく裁判 TFさん
女性、子どもの意見を聞き入れず、自主避難者の住宅無償提供打ち切りや、未だに線量が高いにも関わらず帰還を促す政府等のやり方に怒りを覚えます。自分が被災者になったら・・・このような事は出来ないはずです!
もっと寄り添い、本当に困っている人達へしっかりとした対応を!強く思います。

子ども脱被ばく裁判 EFさん
原発事故から6年になります。
事故の終息が全く見えない中での帰還の呼び掛けに疑問があります。
区域外から避難している私たち大人や子どもでさえ、甲状腺疾患が見つかりました。
私たちも東電や政府の方々と同じ生身の人間です。
私たちのように甲状腺疾患の人がこれ以上増えないよう、オリンピックにお金をかける前に原発事故と向き合ってください。
私たち福島県民の声を聞いてください。お願いします。





0 件のコメント:

コメントを投稿