【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 10月19日 19時45分~(約1時間)
   場所: 官邸前
   内容: 抗議

■ 講演会開催  → 詳細はこちら
  10月28日(土)14時~   開場13時半
  −21世紀の核問題−
  核(軍事も平和利用も)を地球上から無くさなければ、
  人類に未来はない…  
  講師:落合栄一郎 さん     会場:光塾(渋谷)

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催に変更しました)
   日時: 10月28日
   場所: (同日の講演会で代替予定)

 第9回 新宿デモ (予告)    
   「子どもを被ばくから守ろう! 自分も、家族も!」 (仮称)
   日時: 11
月11日 
13時~ (14時デモ出発)

   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2012年2月20日月曜日

世界市民法廷:「ネット陪審員」の事前登録、スタート

あなたの評決が子どもたちを救います。まだの方は今すぐ-->こちらから


裁判所が「人権の最後の砦」として本来の任務を果たさない時、機能不全に陥った裁判所を正す「人権の真の最後の砦」は私たち市民一人一人です。
それが「ふくしま集団疎開裁判」で、子供たちの申立を却下する裁判所の判断(昨年12月16日)に対して、司法の機能不全を正すために、英語による同時通訳で全世界に中継される「市民の、市民による、市民のための市民法廷」、世界市民法廷です。

ここの主役は世界中の市民です。世界中の市民が、世界市民法廷の場で再現された「ふくしま集団疎開裁判」を自らの目と頭で検討して、自らの裁きを下すのです。その裁きは、「世界市民の良心とコモン・センスによって下された判断」として、裁判所に大きな影響を与え、裁判所を正しい方向に導くでしょう。

そこで、「世界市民による世直し」のため、世界市民法廷に一人でも多くの市民が自ら判断を下す陪審員として参加されることを希望します。
2月26日の「世界市民法廷」東京裁判の終了と同時に、ネット上から陪審員の皆さんの裁きを書き込める場所を用意します。
それまでに、世界市民法廷に参加を希望する皆さんには、陪審員として事前登録をお願いします。
本日から、以下の方法で、陪審員の事前登録を準備しました。
ひとりひとりのアクションが、疎開裁判を支え、世直しを支え、子どもたちを守ります。
まず、陪審員の事前登録を!
1、投稿の末尾の賛同の□にチェックを入れて、世界市民法廷への参加を表明して下さい。
2、可能な方は、その下の「コメント欄」に、世界市民法廷に、ネット上で裁きを下す陪審員として参加することを、「ネット陪審員として登録します!」と表明して下さい。
3、フェイスブック(Facebook)による事前登録->こちらから
4、ツィター(Twitter)による事前登録->こちらから

※ コメント欄は自分のブログかGoogleアカウントを持っている人だけが書き込めます。Googleアカウントを手に入れる方法は->こちらから

6 件のコメント:

  1. ネット陪審員として登録します

    返信削除
  2. ネット陪審員として登録します!

    返信削除
  3. ネット陪審員に参加します

    返信削除
  4. 「ネット陪審員として登録します!」

    返信削除
  5. ネット陪審員に参加します

    返信削除
  6. ネット陪審員に参加します

    返信削除