【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 10月19日 19時45分~(約1時間)
   場所: 官邸前
   内容: 抗議

■ 講演会開催  → 詳細はこちら
  10月28日(土)14時~   開場13時半
  −21世紀の核問題−
  核(軍事も平和利用も)を地球上から無くさなければ、
  人類に未来はない…  
  講師:落合栄一郎 さん     会場:光塾(渋谷)

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催に変更しました)
   日時: 10月28日
   場所: (同日の講演会で代替予定)

 第9回 新宿デモ (予告)    
   「子どもを被ばくから守ろう! 自分も、家族も!」 (仮称)
   日時: 11
月11日 
13時~ (14時デモ出発)

   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2012年2月20日月曜日

2.26世界市民法廷の予告編1:子供たちの倫理「僕たちが遊んで原発をこわしたんだろうか」

あなたの評決が子どもたちを救います。まだの方は今すぐ-->こちらから


世界市民法廷では、市民の目線・コモンセンスで、ふくしま集団疎開裁判を考え、昨年12月16日に下された裁判所の判断(決定)を問い直します。

以下は、「裸の王様をわらう」子どもの目線・コモンセンスで、裁判所の判断を問い直したいと思った予告編その1です。

裁判所は、次のように判断しました。
(1)、放射能が100ミリシーベルト以下なら、被ばくした子供たちの生命・身体に障害が発生するかどうか、これを裏付ける証拠を、原告の子供たちが提出していない。
(2)、だから、原告の子供たちの生命・身体が危険にさらされているとは言えない。
(3)、だから、原告の申立は却下する。
決定19~20頁)。

でも、裁判所は、
放射能が100ミリシーベルト以下のとき被ばくした子供たちの生命・身体は安全だ、
とも言っていません。つまり、裁判所は、
放射能が100ミリシーベルト以下のとき被ばくした子供たちの生命・身体に障害が発生するかどうかは、分からない(灰色だ)、
と言っているのです。

ふくしまの多くの子供たちは、漠然とにせよ、100ミリシーベルト以下のときでも被ばくしたら、生命・身体に障害が発生するか可能性はかなり高い、と不安に感じています。だから、外出時にマスクをしたり、屋外の活動を控えています。

でも、仮に百歩譲って、
100ミリシーベルト以下のとき被ばくした子供たちの生命・身体に障害が発生するかどうかは、分からない(灰色だ)、
としても、重要なことは、
灰色のとき、それが危険(黒)だという証明を、ふくしまの子供たちの側で証明できない限り、危険(黒)だと考えて対策を撮ることはしない、と裁判所が判断したことです。

それって、倫理的に、根本的におかしくない?

僕たち子どもの中には、ひょっこりひょうたん島の「博士」のような秀才もいないわけではないけれど、彼ですら科学や放射能の専門家ではありません。また、僕たちの親だって、普通の市民です。放射能の科学技術に通じている親なんていません。そんな僕たち子供たちや親たちが、どうして、放射能の専門家でも不可能に近い、難しい証明をしなくてはいけないんでしょうか。その証明ができない限り、僕たちが求めている避難の救済は認められないことになるんでしょうか。

僕たち子どもたちにも倫理はあります。
もし、僕たちがふざけて遊んでいる最中にまちがって原発をこわしたんなら、それでもって被ばくしたときには僕たちにも責任があります。
だから、避難の申立をするとき、「100ミリシーベルト以下で危険だという証明をあなたたちでしなさい」と言われたらそれは納得します。

でも、僕たちが遊んで原発をこわしたんじゃない。
僕たちはまるっきりの被害者です。
どうして、まるで僕たちが原発をこわした加害者であるかのように、僕たち子供たちに、こんな困難な証明を押し付けるんでしょうか。
そして、どうして、僕たち子供たちを安全を環境で教育する義務を負っている大人たちが「100ミリシーベルト以下でも安全である」という証明をしないで、のうのうとしていられるのでしょうか。

子どもの倫理に照らして、僕たちはこの裁判所の判断にどうしても納得できない。

もし子どもの倫理を持った裁判官なら、こんな裁きをしたでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿