【アクション告知】

    ■ 霞ヶ関アクション: 毎週金曜日文科省前で18時30分から1時間開催します。    (次回は9月5日です)
    ■ 有楽町アクション:第2次裁判が始まりますので、当面お休みとし、霞ヶ関アクションを中心に活動します。


  【公式ホームページ】->ここから    二次裁判提訴アクションの書き込み->ここから
  【携帯端末向け】  携帯電話  iPhone
  外国語ブログ】  英語-English  韓国語-한국  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-español  ドイツ語-Deutsch  フランス語-française  イタリア語-italiano

疎開裁判って何?
->リーフレット  ->ブックレット 

【第二次裁判のスタート・アクションのお願い】8月29日、第二次裁判が提訴されます。今こそ、最強の力である無数の無名の皆さんの声を第二次裁判に対する抱負・感想として表明して下さい->こちら(2014年8月8日)
過去の見出し一覧

2014年9月2日火曜日

(9.2最新版)【8.29提訴アクション:報告1】初めて原告7名(親子)が参加、発言した記者会見と原告のメッセージ

 原告(子ども)の絵と会見に出席できなかった原告のメッセージを追加しました(9月2日)。

8月29日、予定通り、子ども脱被ばく裁判の訴状を福島地方裁判所に提出し、受理されました。

まず、お伝えしたい画期的な出来事--第一次疎開裁判ではなかったことですが、今回初めて、7名の原告(母親と子ども) が、提訴のあとの記者会見に出席し、原告となった思いを語ったことです。
福島では、いま、現状に対し抗議の声をあげずにおれない勇気を持ったお母さん、お父さんたちが次々と現れています。

これは、記者会見に参加した原告(子ども)が描いて、会見に持参した絵です(9月2日に追加しました)。

                     (絵をクリックすると拡大します)




以下、原告の皆さんの発言の動画です。

原告のお母さんたちと子どものスピーチ



以下は、当日、出席できなかった原告のお母さんから寄せられた「原告となった思い」です(9月2日に追加しました)。

  *******************************
 
        今回の裁判にあたり、何故原告になったのか。

郡山で私も息子達も生まれ、郡山は大好きでした。
福島県にずっと居ながら、原発の危険は、専門知識がある人以外、分からなかった人が、殆んどだったと思います。我が家もそうでした。

あの事故があり、郡山は、地震津波では被害が少なかった中、ライフラインの水が止まり、爆発した日も、水を貰いに外に出ていた人が沢山居ます。
危険であれば、行政から指示が来ると信じていたからです。

一週間程度遅れての始業式、マスク着用や、行政から学校を通して、長袖長ズボンを呼び掛けたこと、学校を優先した除染をしているのは、子ども達を守る為だったのでは無いでしょうか?

3年以上経ち、今はどうでしょうか?

子ども達が、どれだけ被曝をしたかも明確にせず、多々なる体調変化も分からない行政が、何故安全と言えるのでしょうか?

母として、私は、子ども達の体が、悲鳴をあげたのに気づきました。

息子も、もう被曝をしたくないと言っています。

子ども達の中で、一番大事なものは、命です。

今まで被曝した分と、一生向き合う為にも、まだまだ高い福島から、未来がある子ども達を遠ざける機会を作って下さい。



  *******************************
 
                 私のつたえたいこと

私がつたえたいことは、

安全と言えないのに…そんなところに子供達を住ませてることが許せないです!!
飛行機でも電車でも100%安全とは言えないですが、必ず点検などして安全とは言えるのでみんな乗りますよね!!
放射能が大丈夫なんて100%ない話です… 
 
東電に話しに言ったことがあります…
私はいわき市にいて絶対子供が大丈夫ですと言い切れ!?と聞いたら無言…
そして念書でも一筆書いてくれと頼みましたが…
ダメでした…
ってことは、安全保証できないと言うことですよね…
それなのに避難させないなんておかしな話です!! 
 
放射能は体に害がある…
そして先に保証はなく、確実に安全じゃないのに大事な我が子になぜ放射能を浴びさせて生活させないと行けないのか!!
私達が子供の頃は外で遊び回り海や川にもいきましたが、震災後行けるわけもなく外で遊ばせることもしてません!!目には見えないからみんなこの、環境に慣れてしまってますが、子供達には未来があります!!そして自然とふれあって遊ばせて成長させたいのに、子供は家にばかりいさせて…こんな生活に親として可愛そうになります
綺麗だった海や川綺麗だった福島県を返してほしいです!!
 
*******************************


 
              

(9.2最新版)【8.29提訴アクション:報告2】子ども脱被ばく裁判の提訴に合わせ全国同時アクション

 仙台のアクションの写真を追加します(9月2日)

8月29日、福島地方裁判所に、子ども脱被ばく裁判の提訴にあわせて、北海道から九州まで日本各地で、裁判支援者の皆さんにより、提訴の号外チラシをまく、全国同時アクションを行いました。

以下、そのアクションの様子です(写真のアップを予定)。

1、北海道  苫小牧市





2、北海道 伊達市



3、北海道 札幌市


4、宮城県 仙台市




5、福島県 郡山市


6、福島県 いわき市
      
7、東京都  「竹橋」駅前 

8、大阪府 高槻市





9、兵庫県 姫路市





 10、熊本県 熊本市




(9.2最新版) 【8.29提訴アクション:報告6】「民主主義社会における思想統制」に抵抗する独立系メディア

 Ourplanetの記事・動画を追加しました(9月2日) 。
  また、2011年6月の第一次疎開裁判の申立を報道したOurplanetの映像を最後に紹介しました。
当時、本当に大切な事実を伝えないマスコミのおかげで、いかに多くの人たちがこの申立を知らなかったか、実際にその申立がどのようなものか、第一次の原告のお母さんたちの証言もあり、必見です。

  *******************************

 福島の子どもたちを被ばくから遠ざけ(避難させ)、彼らの命を救うことは、日本政府がいま緊急に解決すべき、日本にとって最大の人道的課題です。

8月29日の「子ども脱被ばく裁判」の提訴は、この課題を真正面から日本政府に問うた、日本と世界の人々が知っておくべき最重要な裁判です。なぜなら、この裁判は、
・見えない戦火のなかの子どもたちを救い出す裁判
・世界で最も過酷な子育て中の福島の親子を救い出す裁判
・国と福島県の3.11以後の救護対策の誤りを裁く裁判
・経済復興・帰還最優先の政策を命の復興最優先の政策に転換させるための裁判
だからです。
このことを日本と世界の人々に伝える独立系のメディアの報道も紹介します(時系列順)。

1、 日仏共同テレビ局
   「子ども脱被ばく裁判」を福島地裁に提訴へ

2、 弁護士ドットコム
 「福島の子供は命の危機にさらされている」原発事故後の国の責任を問う「裁判」提訴へ

3、ママレボ
 子どもが被ばくを避ける権利と、国・県の不作為を問う「子ども脱被ばく裁判」がスタート

4、 IWJ

福島地裁の提訴に向けて、裁判所前での集会

提訴後の記者会見(15時~)
1、記者会見1(井戸謙一弁護団長の報告)
2、記者会見2(井戸謙一弁護団長の報告(続き)・弁護団の補足)
3、記者会見2-2(原告のスピーチ)1820秒~
4、記者会見3(ふくしま集団疎開裁判の会共同代表水戸喜世子さんさんのスピーチ)
5、記者会見4(ふくしま集団疎開裁判の会共同代表片岡輝美さんのスピーチ)
7、記者会見4(武藤類子さんのスピーチ)

9、記者会見6(質疑応答2)
  
5、UPLAN

 
20140829 UPLAN
【記者会見】こども脱被ばく裁判(第二次ふくしま集団疎開裁判)提訴

 

6、Ourplanet

「被ばくを強いられた」「避難したい」~親子86人が提訴



 2011年6月24日、第一次疎開裁判の申立時の映像(Ourplanet)

 学校の集団疎開求め仮処分申請〜郡山の子ら14名

2014年9月1日月曜日

【8.29提訴アクション:報告のまとめ】報告1~8

8月29日の「子ども脱被ばく裁判」の提訴に関するアクションの報告をまとめました。

(9.2最新版)【8.29提訴アクション:報告1】初めて原告7名(親子)が参加、発言した記者会見と原告のメッセージ

【8.29提訴アクション:報告2】子ども脱被ばく裁判の提訴に合わせ全国同時アクション

【8.29提訴アクション:報告3】支援者の皆さんの力強い支援行動とスピーチ

【8.29提訴アクション:報告4】弁護団のスピーチ(裁判所前)&解説(記者会見場)

【8.29提訴アクション:報告5】「民主主義社会における思想統制」を正しく実行した日本のマスコミ

【8.29提訴アクション:報告6】「民主主義社会における思想統制」に抵抗する独立系メディア

【8.29提訴アクション:報告7】子ども脱被ばく裁判の第二次原告募集のお知らせ

【8.29提訴アクション:報告8】子ども脱被ばく裁判の訴状本文

【8.29提訴アクション:報告8】子ども脱被ばく裁判の訴状本文

8月29日、予定通り「子ども脱被ばく裁判」の訴状を福島地方裁判所に提出し、受理されました。

以下は、その訴状本文の1頁目と全文とです。

訴状本文(全文)


訴状本文の1頁目

【8.29提訴アクション:報告7】子ども脱被ばく裁判の第二次原告募集のお知らせ

8月25日で第一次原告募集を締め切り、参加した原告86名(子ども人権裁判と親子裁判で延べ110名)が8月29日に、福島地方裁判所に、訴状を提出し、受理されました。

第一次ふくしま集団疎開裁判が14名の原告だったのに比べ、大変な数です。
これは、私たち一人一人の手で、福島の子どもの命を救おうという市民の貴い声とアクションのあらわれです。

この声とアクションに続いて、一人でも多くの方が、この裁判の原告に参加していただくよう、引き続き、第二次原告募集を行います。
その内容と原告申込書は以下の通りです(第二次募集の締め切りは9月30日) 。
皆さんの行動が福島の子どもたちの未来を決めます。どうぞ、原告に参加して下さい。

連絡先: 090-8494-3856(岡田俊子)    
     nijisaibangmail.com*を@に置き換えて下さい

 
子ども脱被ばく裁判の第二次原告募集のチラシ ->PDF版

原告申込書 -> PDF版



原告募集のチラシ



 原告申込書





原告申込書

【8.29提訴アクション:報告5】「民主主義社会における思想統制」を正しく実行した日本のマスコミ

 福島の子どもたちを被ばくから遠ざけ(避難させ)、彼らの命を救うことは、日本政府がいま緊急に解決すべき、日本にとって最大の人道的課題です。

8月29日の「子ども脱被ばく裁判」の提訴は、この課題を真正面から日本政府に問うた、日本と世界の人々が知っておくべき最重要な裁判です。なぜなら、この裁判は、
・見えない戦火のなかの子どもたちを救い出す裁判
・世界で最も過酷な子育て中の福島の親子を救い出す裁判
・国と福島県の3.11以後の救護対策の誤りを裁く裁判
・経済復興・帰還最優先の政策を命の復興最優先の政策に転換させるための裁判
だからです。

だからこそ、日本政府と原子力ムラにとって、 「原発事故による子どもたちの命の危機」は、3.11以来、終始一貫、日本と世界に知らせてはならない絶対のタブーです。
そこで、日本のマスコミは、「王様の飼い犬」としてその職務を立派に果たし、(共同通信の短文記事を除いて)この提訴を一切報道しませんでした。 

その結果、「子ども脱被ばく裁判」の提訴のことは誰も知らず、福島の子どもたちの危機的な状態を知らないままに放置されました。

なぜ「子どもの命の危機」という人道的な問題について、マスコミは報道しないのか。
それは、今回の問題が自然災害や他国の戦争ではなく、原発事故が原因の「子どもの命の危機」だからで、原発事故の悲惨さという本当に重要な問題だからです。
本当に重要な問題は決して人々に知らせない。
 これが、民主主義社会における私たち市民の思想統制という問題です。

 ********************************

 
第二次疎開裁判の提訴に対して、改めてメッセージを寄せ、惜しみない協力を継続するノーム・チョムスキーは、この「民主主義社会における思想統制」という、私たちにとって最重要な問題について、こう言いました。


 独裁国家なら、我々市民を黙らせるには棍棒(こんぼう)で殴りつければよい。しかし、民主主義国家ではもはや棍棒は使えない。そこで、棍棒に代わって、我々市民が声をあげないように思想注入する必要がある。その思想注入において最大の貢献をしているのがマスコミです。

そして、最高の思想注入とは、思想注入していることを悟られない思想注入のことです。つまり、市民は自分が思想統制なんか受けていない、自分で自由に考え、判断していると思い込ませることです。

民主主義社会では、市民を政治から遠ざけ管理するため、長年、その方法の開発に膨大な努力が注がれてきた。その中心的役割を果すのががマスコミ(マスメディア)で、彼らは、次の3つの方法を発明した。 
1、マスメディアはニュースを選別する。
2、マスメディアは本当に重要な問題は語らない。
3、マスメディアは人々を孤立させる。

 とくに、子どもの命が危機にあるといった人道的、倫理的な問題について、マスメディアが次のように「倫理を機能不全にさせる」役割を果している。

「我々が加担する政策のせいで、死に瀕し、飢える人々がいる。それについて、本来、民主主義社会の一員である我々には、直接、責任がある。
だが、メディアは--人々にその責任に気がつかせまいとする、ニュースを選別し、本当に重要な問題を語らず、人々を孤立させることによって。
その結果、権力者の利益が守られ、被害者は無視される。
国民は、もし、自分の手から滴る血をみれば、驚愕するでしょう。
しかし、そう思わないのは、国民は体制(政府やマスメディア)にあやつられたまま、気がつかずにいるからです。メディアコントロール 11